ポータルサイト

Windows Server Device CAL

説明
Windows Serverは、ワークグループのファイルサーバー、プリントサーバー、通信サーバー、およびインターネットコンテンツ配信用のマイクロソフトのソリューションです。 ファイルサービス、プリントサービス、リモートアクセスサービス、またはターミナルサービスのためにWindows Serverにアクセスするすべてのデバイスには、デバイスCAL(クライアントアクセスライセンス)が必要です。 WebサーバーまたはアプリケーションサーバーとしてWindows Serverにアクセスする認証済みデバイスにもデバイスCALが必要です。

本寄贈は、1台のコンピューターがユーザーの数にかかわらずWindows Serverにアクセスする(たとえば、共有ワークステーション)ことを認証する1つのデバイスCALを提供します。 個人のライセンスを取得するためのユーザーCALと、多数の外部ユーザーのライセンスを取得するための外部コネクタライセンス(ECL)も提供しています。


追加情報

TechSoup Japanを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

利用可能なWindows Serverのエディション、およびサーバーとクライアントのライセンス要件については、 『Windows Serverエディションとライセンスのガイド』を参照してください。

ライセンスのみの提供

このライセンスは、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードを必要としません。

※CALには「デバイスCAL」と「ユーザーCAL」があります。このCALは デバイスCAL(デバイスごとのライセンス)でユーザーCALとは別の製品です。デバイスCALはユーザーの人数にかかわらず1台のコンピューターのアクセスを許可します。ユーザーCALは使用されるデバイスにかかわらず一人のユーザーにアクセ スを許可します。一般的に、デバイスCALはPCを共有して複数のスタッフが使う場合に、ユーザーCALは仕事用PCと自宅用PCの両方からサーバーにアクセスするスタッフが多い場合に向いているといえます。

ユーザーCALとデバイスCALの違いや、その他CALに関しての詳細はこちらをご覧ください。

サービス情報
更新日 2021.07.30

<< 前のページに戻る

運営情報

NPO法人ふらいおん

大阪市阿倍野区天王寺町北1-9-12

Twitter
Instagram

お知らせ

広告