ポータルサイト

Windows Remote Desktop Services – User CAL (Discounted)

説明
Windows Remote Desktop Service は、ユーザーが Windows Server 上でアプリケーションを遠隔操作で実行できるようにする技術です。これは、事実上あらゆる種類のネットワーク接続を介して、さまざまなデバイスから実行することができます。クライアントはさまざまなオペレーティング システムをマイクロソフトの Web サイトからダウンロードして利用できます。Windows Remote Desktop Service にアクセスするためには、各デバイスおよびユーザーは、Windows Remote Desktop Service の クライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要となります。

本寄贈では、ユーザー CAL が1つ提供されます。1つのユーザー CAL は、一人のユーザーがどのデバイスからでもWindows リモート デスクトップ サービスにアクセスすることを許可します。たとえば、ある従業員が職場のコンピュータからサーバーにアクセスし、自宅で別のコンピュータからサーバーにアクセスする場合などです。他にも、コンピュータにライセンスを許可するためのデバイス CAL と、多数の外部ユーザーを許可するための外部コネクタ ライセンス (ECLs) も入手可能です。貴団体がWindows Remote Desktop Service CAL を持っていても、各デバイス、または各ユーザーがWindows サーバーにアクセスするためには、 Windows サーバー CAL を取得する必要があることにご注意ください。



追加情報
利用可能なWindows Serverのエディション、およびサーバーとクライアントのライセンス要件については、 Guide to Windows Server Editions and Licensing を参照してください。



ライセンスのみの提供
このライセンスは、メディア、ライセンス・キー、またはセットアップコードを必要としません。

テックスープ・ジャパンを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。



本製品の入手方法
Remote Desktop Service CALは他のWindowsサーバーCALとは異なり、インストールするには、Microsoft のVolume Licensing Service Center (VLSC) からのライセンス・キーが必要となります。

2通のメールが届きます:

貴団体からの申請が受理されますと、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)より、貴団体が登録したメールアドレスにメッセージが届きます。このメールには貴団体が申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトが貴団体のライセンス合意を承認した後のボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)の使用方法に関する情報が記載されています。団体プロフィールにあるメ-ルアドレスが最新のものであるか、アカウント情報にアクセスをして必ずご確認ください。
マイクロソフトより、貴団体をVLSCに招待するメールが届きます。このメールの受信により、マイクロソフトが貴団体のライセンス合意を承認したことになります。このメールを受信しましたら、テックスープ・ジャパンから受信した上記1のメールに記載されている手順に従って、VLSCを通じて本製品を入手することができます。


ソフトウェア・アシュアランス
ソフトウェア アシュアランス プログラムのもと、アシュアランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

サービス情報
更新日 2021.07.30

<< 前のページに戻る

運営情報

NPO法人ふらいおん

大阪市阿倍野区天王寺町北1-9-12

Twitter
Instagram

お知らせ

広告