ポータルサイト

Veritas Backup Exec 21

説明
Backup Exec 21は、テープやディスク上にあるデータを保護する機能を提供します。複数のサーバー(Linux、ストレージエリアネットワーク、デスクトップコンピュータ、ノートブックなどのExchangeとUNIX、アプリケーションサーバー)を持つような仮想環境を保護することが可能です。

この寄贈には、Backup Exec 21の1ライセンスが含まれます。Server Backup Exec 1ライセンスで、必要な数のデバイスをバックアップします。組織に1つのライセンスしか必要ありません。

団体にとっての利点

定期的なバックアップは、データ損失の災害から組織を守ることができます。 Backup Execを使用すると、複数のソースからデータを集中管理することができます。

主な機能

使い易さ: 直観的なインターフェイスとウィザードにより、インストール、セットアップ、バックアップ、リカバリ、メディア管理、災害準備、クラスタインストール、エージェント設定が簡単になります。
複数サーバーのバックアップ: 1つのバックアップ定義の一部として、または別々の定義で個別に、複数のサーバーをバックアップすることができます。
ストレージオプション: ディスク、テープ、重複排除ストレージ、サードパーティのクラウドなど、ほぼすべてのストレージデバイスにバックアップできます。
ブロックレベルの重複除外: Backup Execは、物理環境や仮想環境を含むすべてのバックアップジョブでデータの重複排除を行います。
多彩なリカバリ: 仮想マシン、アプリケーション、データベース、ファイル、フォルダ、細かいオブジェクトをバックアップストレージから直接リカバリできます。
簡略化された災害復旧テクノロジ: 災害発生時に、Backup Execはサーバー全体を数時間または数日ではなく、数分で同じハードウェアまたは異種のハードウェアに復旧できます。

エージェントとオプションにより、Backup Exec環境のプラットフォームと機能のサポートを拡張できます。ネットワーク内でこれらのエージェントを無制限に使用できるため、エージェントの複数のインスタンスが複数のサーバーを保護できます。Backup Execのすべてのエージェントとオプションのリストについては、次のリンクをクリックしてください( Backup Exec のエージェントとオプション)。 TechSoupで使用可能なBackup Execのバージョンには、使用可能なすべてのエージェントとオプションが含まれています。

TechSoup Japanの寄贈プログラムで提供されるBackup Execは、再販売(転売)禁止バージョンです。このバージョンは新製品にアップグレードすることができません。新製 品が必要な場合はTechSoup Japanを通じて新たに申請を行っていただく必要があります。また再販売バージョンには製品やアドオンについて電話の問い合わせは受け付けておりませ ん。ただしBackup Execスタンダードオンラインサポートプログラムを通してシマンテックオンラインknowledge basesによる無料サポートをご利用いただけます。

慎重に選択してください: この製品はダウンロードバージョンであるため、払い戻しができません。

インストールファイルとライセンス : TechSoup Japanから寄付の要請が承認されると、組織のEメールアドレスにダウンロード手順を記載したメールが送信されます。 7〜10日以内に、シマンテック社は電子メールのダウロードに必要なユーザーライセンス証明書とシリアル番号を送信します。

サービス情報
更新日 2021.07.30

<< 前のページに戻る

運営情報

NPO法人ふらいおん

大阪市阿倍野区天王寺町北1-9-12

Twitter
Instagram

お知らせ

広告