ポータルサイト

System Center Data Protection Manager User Client ML (Discounted)

説明
System Center Data Protection Managerを使用すると、ファイルサーバーとアプリケーションサーバー、およびクライアントコンピューターに対して、ディスクベースのデータ保護と回復が可能になります。

このクライアント管理ライセンス (ML) を使用すると、1人のユーザーのみがアクセスできる状態にある場合に限り、任意の数の非サーバーオペレーティングシステム環境 (OSE)をSystem Center Data Protection Managerで管理することができます。複数のユーザーが特定のOSEやOSEのセットにアクセスできる場合は、ユーザーごとにMLが必要です。

団体の導入メリット
貴団体に専任のIT部門と、データセンター管理の経験を持つスタッフがいれば、Data Protection Managerを使用して以下のことができます。
・ データを安全かつ回復可能な状態に保つ
・ ビジネス・ワークロード、アプリケーション、そしてサービスを継続的に利用できる状態に保つ

ライセンス
他の種類System Centerライセンスも入手可能です。詳細は、TechSoup Japan's Guide to System Center Products and Licensing.をご覧下さい。

サーバーソフトウェア
System Center管理サーバーのソフトウェアを実行する権限は、管理ライセンス(ML)に含まれています。この製品を申請すると、Data Protection Managerの管理サーバーソフトウェアを取得することができます。このソフトウェアには、SQL Server Technology (SQL Server Standard Edition) の実行時(ランタイム)のバージョンが含まれており、System Centerをサポートします。管理サーバーまたはSQL Server technologyを使用するのに追加のライセンスは必要ありません。

管理ライセンス
管理ライセンス(ML)には、メディア、ライセンスキー、またはセットアップコードは必要ありません。TechSoupを通じて提供されるCAL、ECL、および管理ライセンス(ML)は、常に現在提供されているバージョンのサーバーソフトウェア用です。 ただし、これらのライセンスは以前のバージョンのサーバーソフトウェアでも使用できます。

サーバーソフトウェアの取得
サーバーソフトウェアをインストールするには、MicrosoftのVolume Licensing Service Center (VLSC) からソフトウェアをダウンロードし、ライセンスキーを入力する必要があります。貴団体が使用される製品の利用可能な、どのバージョン、言語でもダウンロード可能です。
2通のメールが届きます:
1. 貴団体からの申請が受理されますと、テックスープ・ジャパン(TechSoup Japan)より、貴団体が登録したメールアドレスにメッセージが届きます。このメールには貴団体が申請されたライセンス数の確認と、マイクロソフトが貴団体のライセンス合意を承認した後のボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)の使用方法に関する情報が記載されています。団体プロフィールにあるメ-ルアドレスが最新のものであるか、アカウント情報にアクセスをして必ずご確認ください。
2. マイクロソフトより、貴団体をVLSCに招待するメールが届きます。このメールの受信により、マイクロソフトが貴団体のライセンス合意を承認したことになります。このメールを受信しましたら、テックスープ・ジャパンから受信した上記1のメールに記載されている手順に従って、VLSCを通じて本製品を入手することができます。

ソフトウェア・アシュランス
ソフトウェア・アシュランス・プログラム(Software Assurance program)のもと、アシュランス契約期間中にリリースされた新バージョンに無償アップグレードいただけます。

サービス情報
更新日 2021.07.30

<< 前のページに戻る

運営情報

NPO法人ふらいおん

大阪市阿倍野区天王寺町北1-9-12

Twitter
Instagram

お知らせ

広告